【バイク】アクションカメラ動画の撮り方・GoProマウントまとめ

最近はGoProなどのアクションカメラをつけたライダーが増えてきています。ヘルメットを着いているのを見るとついつい手を振ってしまう方もいるんじゃないでしょうか。

アクションカメラを使うと、簡単に迫力のある動画を撮影することができます。モトブログを運営して人気が出れば、趣味をしながらお金を稼ぐこともできちゃうかもしれません。

この記事では、バイク動画をアクションカメラで撮影したい方のために、オススメのアクションカメラ、必要なマウント、撮影方法などをまとめます。動画と撮影方法をセットで紹介しますので、あなたのイメージする動画がきっと撮れるようになりますよ!

オススメのアクションカメラは手ぶれ補正最強のGoPro Hero7 black

バイクの動画で一番気になるポイントは「画面のブレ」です。バイク動画を見て、景色がブレていては視聴者が酔ってしまいますからね。

GoPro Hero7には3機種ラインナップがあり、最上位機種のblackには最強の手振れ補正機能が付いています。

デメリットとしては高いこと。定価で5万円を超えており、手軽に始めてみるにはちょっと躊躇してしまう値段です。しかし、その分だけ他の動画とのクオリティには明らかに違いを出すことができます。

GoProHero7blackがオススメな人

  • 他の動画にクオリティで差をつけたい!
  • 後から見返すときに手ぶれが大きいのは嫌だ。

バイクでGoPro動画を撮るためのマウント

チェストマウントハーネス

胸の位置に装着するタイプのマウントです。実際の視点よりはやや下になりますが、ハンドルを含む風景が映り込むので「バイクに乗っているような動画」を取りたい方にオススメの撮影方法です。

チェストマウントのメリット

  • ブレが少ない
  • 風切音が少ない
  • バイクと一体感のある動画が撮れる

チェストマウントのデメリット

  • ジャケットの着脱が面倒になる
  • スピードメーターが映り込むので動画公開に注意が必要
  • バイクが画面のほとんどを占めて景色の割合は小さくなる

ヘルメットに装着する

ヘルメットに装着するには、サイドマウントとトップマウントがメインです。アゴにつける方もいます。ライダーの向いている方向と同じ方向を撮影するので、友達とのツーリングでワイワイしている様子を撮影するのはヘルメットマウントが向いています。

サイドマウントの方がライダーと完全に同じ目線の高さになるのでオススメです。トップマウントだとちょんまげっぽくなってしまいますしね。

ヘルメットマウントのメリット

  • 手ぶれがチェストマウントよりも小さい
  • 自分の向きたい方向を撮影できる

ヘルメットマウントのデメリット

  • 風切音が大きい
  • 慣れるまではカメラの重さが気になる

ヘルメットマウントの位置とどんな動画が撮れるかは、コチラの動画が参考になります。

ハンドル・フレームマウント

バイクのハンドルやフレームに装着して撮影するためのマウントです。ハンドルに付けるくらいならチェストマウントやヘルメットマウントの方が手ぶれも少なくてオススメです。どうせやるなら、地面スレスレに装着するなど工夫して大迫力の動画を撮影してみてはいかがでしょう。

トライポッドマウントを一緒に買っておくと、カメラアングルの自由度が増します。自分とバイクと景色を一緒に撮影したい場合には必須アイテムですね。

 

ハンドル・フレームマウントのメリット

  • 取り外しが最小限なので手軽
  • 地面スレスレの迫力のある動画が撮れる

ハンドル・フレームマウントのデメリット

  • ブレが酷い
  • バイクの傾きと同じように傾くので酔いやすい動画になる

バイク車載動画のために一緒に買っておきたいアクセサリ

GoProの弱点はズバリ、バッテリー。高画質で撮影すると、40分〜1時間程度でバッテリーが切れてしまいます。

バッテリー対策

  • バイクの電源から給電する。
  • 予備バッテリーを持つ(オススメ)

GoProにバイクの電源から給電しながら撮影すれば、バッテリーの問題は解消します。ただし、使いながらバッテリーを充電することは、バッテリーの寿命を縮めますし、ケーブルが邪魔になったりします。SDカードの容量もありますので、常時録画は現実的でないことを考えると、撮影したいポイントに絞りつつ、バッテリーがなくなったら予備と交換することをオススメします。

バイクのアクションカメラ動画撮影を始めてみよう!

好みの動画と撮影のイメージはつきましたか?

バイク動画を撮影するポイントは、ブレをいかに抑えるかです。

  • チェストマウントやヘルメットマウントでブレ抑制
  • GoPro hero7 blackで最強の手振れ補正

いろいろなマウントを試しながら、オリジナリティのある素敵な動画を撮影してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です